プロフィール

つぼぃまさぉ

  • Author:つぼぃまさぉ
  • 京都へようこそ

    今年も祇園祭な毎日をお届けします。
    ひと言コメント大歓迎。
    祇園祭や京都に関するトラバ、コメント、相互リンクも大歓迎です。

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年、巡行が終わり、翌日ぐらいから、この四条寺町にある
御旅所というところで、奉納囃子があります。
17日が終わっても、お囃子が聴けます
16日の宵山の夜、お囃子をしながらお参りに行くところです。
(写真提供 k's ToysBox 長谷川氏)

繁華街の中心地でたくさんの方が行き交う場所でのお囃子演奏。
立ち止まって、演奏をご覧頂く方や、写真を撮られる方がたくさんいらっしゃいました。

演奏は、駅ビルの時のような、普通の出囃子っぽい感じです。
鉦方、笛方はいすに座り、普通に演奏してましたが、
太鼓方は、いすに座ってなのですが、太鼓の位置が高く、かなり腕が疲れました。

ちなみにこの、奉納囃子は2年ごとの役割なので、
南観音山は来年はありません。
「花笠巡行」と「お迎え提灯」は10年に1度です。

今年は、以下のように、他の鉾もお囃子をしていたようです。

7月18日(月) 函谷鉾
7月19日(火) 菊水鉾
7月20日(水) 鶏 鉾
7月21日(木) 長刀鉾
7月22日(金) 南観音山
7月23日(土) 放下鉾
スポンサーサイト
巡行当日の記事の更新が終わりました。

いよいよ終わりです。

あとは、慰労会の時のちょっとしたネタと、
22(金)にあった、奉納囃子のお話 ぐらいかな?

祇園祭が終わってからは、せっかく始めたブログなので、
京都の行事ネタや私の好きな、デジタル家電についての
ネタを書いていこうかと思います。

タイトルはそのままですが、サブタイトルを少し変更して・・・・。


とりあえず、下鴨神社の御手洗祭りかな・・・・。

その後は、宇治川花火・・・。

あと、メインは「五山の送り火」か・・・。

って、感じです。


18:00 毎年恒例 からすま京都ホテルにて慰労会があります。
早い話が「打ち上げ」のようなものです。

ここ何年か参加できてなかったですが、仕事を早引きさせてもらい、
今年、久しぶりに出席しました。
この日が楽しみで・・


囃子方、車方、大工方、役員、町内のお手伝いのみなさん。
本当にたくさんの方の協力のもと、南観音山は祇園祭に参加できているのだなぁと、
感謝の気持ちでいっぱいになります。 みなさん、今年も無事に終える事ができ、
よかったという、満足感と充実感ですばらしい笑顔です。(お酒も入ってるから?)

途中、今年の神事役だった、大槻さんによる、口上 の再現や、
来年、神事役の鈴木さんによる、豊富、大工方さんによる、歌の披露や
る往年の音頭取りのパフォーマンスを拝見できる場面も。

普段はなかなか話する事が出来ない人と、お話が出来たり、今年は、
あーやった、こーやったと、ちゃんとした? 反省会らしい話もできました。

この慰労会も含めて、南観音山は祇園祭なんだなぁと、実感したりもしました。

他のお町内もやっぱりされてるんですね
帰りに本日の宴会スケジュールを見ると、
八幡山さんと、保昌山さんも、慰労会をされてたようで・・。


これで、今年の祇園祭のブログは終わりになりますが、やっと、書き終えた
といった感じです。 なかなか、ちゃっちゃか出来ないのが私の性格でして・・・・。

正直、祭り期間中は忙しい上に、帰宅すると疲れて、更新できないといった
感じなので、お含み置き頂けますと、幸いです。

一応、今年は22日(金)に、奉納囃子というのがあったので、そちらのネタも
少し追記する予定です。 

そのあとは、せっかく始めたブログなので、京都の行事ネタや私の好きな、
デジタル家電についてのネタを書いていこうかと思います。

タイトルはそのままですが、サブタイトルを少し変更して・・・・。



とりあえず、次回は下鴨神社の御手洗祭り(みたらしまつり)を書こうかと・・・・
9:00頃 休日のため、かなり遅めの出勤。
もう、ほとんど解体済
なんと! もう、ほとんど解体済! はやい!

あぁ、通常の生活に戻るのかと、実感してしまう瞬間です・・・。

結構ゴミが出ます
ゴミ置き場から、真木に使われていた松の枝を少し拝借。
会社の玄関の足元に飾っておこう・・・。

月鉾の解体
市バスが現実感をあおってます
四条通に出ると、他の鉾も解体が進んでます。

函谷鉾では、クレーンを使って作業されてました。
クレーンでの作業も


夜は慰労会の記事です。いよいよ終わりです。





八幡山が先に、新町通を下っていくという事ですが、
お町内にある保存会のガレージにスーッと入っていくようです。
たまたま、うちの奥さんと子供が観られたようで・・・、う~ん、観てみたい。

新町通を北観音山よりさきに南観音山が、通過するので、はじめて、
新町通りの御池から六角あたりでご覧になった方の中には、あれ?
南観音山は最後じゃないの? って思う方もいらっしゃるようです。

なぜ南観音山が先に来るのか?  単純な理由ですね。 先にも書きましたが、
北観音山が先に行くと、南観音山が町内に戻れないからです。

さすがに観光客が多く、また、身近に応援してくださるのが嬉しいですね。
ご覧になる方も、目の前で自分の身長以上の車輪がギシギシと動いているのを観ると
かなりの迫力を感じると思います。 お気をつけてご覧ください。

いよいよ町内に戻ってきます。終始、巡行の順路に従い、演奏するお囃子の
切り替えを考えてくださってた鈴木さんも、とうとう最後の、一番→横→百足 という
流れへの調整です。

13:51頃 車方さんの微調整がおわり、タイミングよく、お囃子も演奏終了。
神事の大槻さんによる挨拶と三本締め。
無事終えて、みなさん笑顔でいっぱい
大歓声の中、無事、本年度の巡行が終了しました。
みなさん、達成感あふれるすばらしい表情をされています。

このあと、恒例の柳の争奪戦が始まります。みなさんケガには気をつけてくださいね。

無事終わり、挨拶
いったん、囃子方も会所にはいり、大槻さんの労をねぎらうお言葉と、鈴木さんによる
この後の片づけや明日の足洗(慰労会)の伝達等。 わたしもいったんお弁当を
もらって、帰宅しすぐに着替えて懸装品はずしに。

曳き方さん、お疲れさんでした。
14:01頃、着替えのための帰宅途中、曳き方の方たちの着替えとお弁当をたべられてました。
曳き方さんたちの息ぴったりのチームワークで、辻廻しもばっちりだったと思います。
お疲れ様でした。 来年もよろしくお願いします。

解体は速い
14:32頃 懸装品も、取り付けるときは微調整が必要なので時間がかかる事も
ありますが、さすがにはずすときは早いです。

車輪がはずされていきます
14:40頃 会所二階から下を見ると、車方さんによる、車輪の取り外しをして、
蔵へ戻されてます。 

やっと昼食です。
14:47頃 囃子方による懸装品はずしが終わると、会所の2階で、お弁当タイム。
「いやぁ、今年も無事、終了~」、「いやぁ~、お疲れさんでした~」って、感じです。

私は、帰宅し家族と、録画したKBS京都の祇園祭中継を観ながら昼食。
いつもの事ですが、疲労と安心感で、そのまま爆睡モードへ。

気がつけば、晩ご飯の時間・・・・。
いつも、思うのが、17時からの神幸祭を一度行きたいのですが、
家で、ゆっくりしてしまうと、なかなか行く体力が・・・・。

囃子方の中澤さんなんかは、巡行が終わりかたづけの後、すぐに神幸祭に向かわれるとか・・・・。
とても、パワフルである・・・・。


22:10頃 晩ご飯を食べて、風呂も入り、深夜の、南観音山を見に行きます。
夜の山鉾もいいもんです。
あぁ、今年も終わったか・・・。  お疲れさん・・・・。

もう、来年まであえないのか・・・・。   

木の匂い、縄の匂いをしっかり嗅いでおこう・・・・。 (端から見ると変な光景ですが・・・・)


ガードマンさんも連日、お疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。






12:11頃 いよいよ、三条河原町のあじびる前にて、南観音山を待つ事に。
帯につけてる粽がおしゃれ~
ここは、どこの山鉾も給水(休憩)のため、少し休憩になります。
浴衣のおねえさんたち
休憩中、橋弁慶山の那須理事長や、八幡山の奥井君に挨拶し少し話を
していると、来ました。 しんがり、南観音山が・・・。 後ろにはもう、何もありません。
南観音山 到着
後ろには何もありませんといいましたが、交通整理のお巡りさんがたくさん。
また、信号機を元あった状態に、直していかれてます。 う~ん、ちょっと寂しい。
信号機をもどしていってます
囃子方の交代は、山(鉾)の中にある、はしごを使っての乗り降り。
細長くてたくさんある青竹は辻廻し用の必須アイテムです。
山(鉾)の下からぞろぞろと・・
どこからともなく、ぞろぞろと囃子方が出てきて、代わりの囃子方が、こっそり?乗り込みます。
精鋭? 6人
これから乗り込む、精鋭? 6人 (写真提供 K'sToysBox 長谷川氏 )

12:28頃 山(鉾)へ乗り込み太鼓の席へ。下を見ると、もう少し休憩時間がありそうです。
折り返し地点のような感じで、後半戦に向けて、ベホイミ。
休憩中


まもなく、巡行が再開され、黒川君との太鼓。
河原町御池で、今年初の辻廻しを体験。 そうそう、この感じ、この感じ。
ここでは、御影という曲で、辻廻しをうまく盛り上げていきます。
それぞれの鉾でも、だいたいお囃子は決まっていると思います。

13:20頃 御池通の有料観覧席を通過し始めます。少し空席があるのは気のせいかな?
もう、みんな帰り始めてるんでしょうか?
右に見えるのは御幣
遠くから見ると綺麗で立派な御幣も、よくみると、少々くたびれ気味・・・。

13:25頃 御池通で、一瞬だけ停止時間があったので、写真に撮ったんですが、
この有料観覧席、毎年、すぐに売り切れてるらしいですが本当ですか?
空席が寂しい・・・
毎年こうなんですが・・・。

御池通は結構、すんなりと進みます。 特に止まるような所はなく、写真を撮る機会もなかったです。

13:35頃 最後の辻廻し、御池新町。 このポイントもすごい数の観光客です。
最後の盛り上がりという事もあり、お囃子も、花という曲。
ア~ドッコイ、や、ア~コリャコリャ という、珍しいかけ声でだんだん速くなる演奏です。

ここで、先に、南観音山が町内に戻れるように北観音山が待っています。
そうすると、北観音山の北側にある三条町の八幡山は北観音山を待ってないと、
いけないと思うのですが、巡行通りに町内に戻っています。

その辺の話もまた追々・・・。
11:15頃、御池通に到着すると、ちょうど長刀鉾がとまり、お稚児さんが、
最後の大役を今、果たそうかとしているところでした。
強力(ごうりき)さんに担がれ、「神の使い」として地に足をつけることなく、鉾から降り、八坂神社まで戻るそうです。
お稚児さん
いやぁ、いいタイミングで、いい場面を見させて頂きました。
長刀鉾のお供の方(おそらく理事の方)と少しお話をさせて頂きました。
このまま、御池通を河原町までぼちぼち歩いて向かいます。

11:27頃 烏丸御池 伯牙山 
たくさんの観光バス
別名、琴破山(ことわりやま)  琴の名人、伯牙が自分の琴の理解者の死を嘆き、
琴の絃をたったという故事から来ているそうで、斧を持ったご神体と琴が乗っています。 
裾幕に描かれた、伯牙山のシンボルは、琴の弦のブリッジをイメージしているらしいです。
う~ん、洒落てますねぇ。

ちなみに、観光バスの数がすごいです。

11:30頃 鶏鉾
後ろにも御幣があるんですね
このベルギー製の見送りも有名ですね。
イーリアスの「トロイア戦争物語」でヘクトール王子と妻子の別れを描いたものです。
後ろにも御幣があるのが豪華ですね。

11:35頃 菊水鉾
菊水鉾
唐破風造りの屋根が特徴で、正面の天水引が、すだれのような、前御簾も、涼しそうです。
音頭取りの方が、烏帽子(エボシ)?をかぶった格好をされているのも、特徴的ですね。
屋根方が堂々とさているのがかっこいいですね。

11:43頃 河原町御池 月鉾
月鉾
格子のようなデザインの屋根が特徴的ですね。
おみやげ物やさんで販売されている、ミニチュア模型の鉾の屋根はほとんどが、黒で、
菊水鉾だけが赤なんですが、どちらかというと、いまはほとんどが赤で、唯一、月鉾と岩戸山が
黒だったと思います。ちなみに鯱(シャチホコ)がついてるのは、長刀鉾だけだったかな?

11:49頃 芦刈山
芦刈山
ライオンの前掛けがとてもかっこよく、印象的ですね。

11:57頃 船鉾
船鉾
水上の乗り物である、船を鉾のデザインにするというのが、昔の人は、よく思いついたというか、
良いセンスというか、考えたもんだなぁと思います。 
部品点数がかなり多そうで、鉾の組み立ても大変でしょうが、懸装品の取り付けも
難しそう・・・。というか、変形したデザインが多いので新調や復元新調するとき、大変そう・・・・。

12:06頃 浄妙山
浄妙山
6月に芸術センターにて、明倫夜話の座で浄妙山のお話がありました。
理事長である、高谷さんが、おもしろおかしく、お話をしてくださいました。
当然、巡行にも参加されておりましたので、ご挨拶させて頂きました。
巡行中の山廻しは最大の苦手とのことでしたが、今年はどうたったんでしょうか?

12:08頃 鈴鹿山
鈴鹿山
こちらもラクダの前掛けがかわいらしく、印象的ですね。
そういえば、菊水鉾の胴掛けは麒麟が・・・。
結構、動物が描かれているのが多いですね。


いよいよ三条河原町のあじびる前に到着し、南観音山を少し待つことに・・・・。

次回、囃子方の交代です。

まだ、だらだら続きます。すみません・・・。





早朝から周りの柵が撤去され、準備が着々と進められています。
準備はOK
前には御幣、後ろには柳が付けられ、天水引が四神図に変わっています

毎年、外国人の方も曳き方に参加して頂いていますが、
今年は特に多く参加頂いたようで、8人ほどいらっしゃいました。
外国人の曳き方さんたち
そういえば、会所の入り口のボランティアでお手伝いして頂いている方で、
外国の方、多かったですね。 ありがとうございました。

さて、囃子方の榊さんが持っておられる、このお酒、なんと「南観音山」のラベルが!!
どちらかの気の利いた方が献酒して頂いたようで。かっこいいのん、ありがとうございます。
地酒 南観音山?

そういえば、今年、父の日に、こんなお酒の贈り物サービスがあったので、
利用しましたが、これに南観音山を彫刻してもらっても良いんですよねぇ・・・。
いっぺん、頼んでみます。

9:00頃、毎年恒例、町内のバーバー山田の店主による記念撮影の時間になりました。
準備中に、関係者の家族や観光客からも、撮影が・・・・。
本物だどれだ!?
えぇ~と、どのカメラをみれいいのですか?・・・・。

9:30頃、定刻となりましたので、いよいよ南観音山も出発です。
音頭取りによる、「よ~ぉい、よぉい~、え~~ん、やぁ~らぁ~やぁ~~」と、3回繰り返し、
その3回目でいざ出発。 後祭りの名残で、行ったん、北に向かい、蛸薬師通りで折り返します。

道路を見ると、鉾の車輪の後が地面に残っています。
どれだけ重いかよくわかり、車輪も消耗していることがよくわかります。
約12トンの足跡


新町通を南へ下り、四条通まで出ると、少し西に待避し、北観音山と、八幡山が先に行くのを
待ってます。その間に、見送り、「龍王渡海図」を掛けます。

新町通で、少し待っていると、すぐに北観音山が通り、そのあと、八幡山がきます。
両方ともご近所さんですが、じっくり見に行く機会もなく、綺麗に飾り付けされたのを見ると、結構感動です。同級生の奥井君が裃でお供に。
八幡山

八幡山の鳥居に鳩が2羽止まっているのが、とってもカワイいです。
ちなみに、南観音山の松の木にも鳥がとまっているのですが、俗に鳩とよく言われたり、じっさい、
町内の案内札にもそう書かれているようですが、実際の所は「尾長鳥」らしいです。

そうそう、南観音山が出発したのに、なにをのんきに、撮影なんかしているかと言いますと、
私は、後半から山に乗り込むからです。

ここ何年かは、全員が最初から最後まで山に乗って、最初から最後まで巡行に
参加するのではなく、前半組、後半組と分かれてます。
参加人数が多く、山の上がギュウギュウやからです。

ちなみに、山の上に乗っていない囃子方は、去年までは、巡行中、山の後ろを歩いてましたが、
ぞろぞろと歩くのも、あまりかっこいいものでもないかな? ということで、今年は、
町内での待機になりました。 これがまた暇・・・・・ ・・・・ ・・・ ・・ ・。

少しすると、今年の囃子方新人、6人が元気よく、「ただいまぁ~!」
新人は四条新町の待機時に降ります。 初年度はあくまで体験という感じ。
ちゃんと練習に参加して、ちゃんと鉦がたたけるようになったら、次の年からでもたたけるかな?
ちなみに、何年たっても、ちゃんとたたけないと、ぜんぜんたたかしてもらえませ~ん。
これは、大人も一緒で、笛でも太鼓でもそうです。

この、前半組、後半組ですが、後でも紹介しますが、河原町三条のあじビル前あたりが
給水ポイントというか、休憩所で、少し待ち時間があるので、そこで、囃子方が何名か交代します。
当然南観音山は、そこへ到着するまで、まだまだ時間があるので、我々後半組は、まだ、
会所で待機していないといけないのですが、やっぱり暇・・・・ ・・・ ・・。 
テレビでもあれば、KBS京都の中継でも見てられるんですが・・・。 来年の課題ですね。

さて、あまりに暇というか、間が持たないので、11:00をすぎた頃に、御池通、河原町通りと、
巡行の状況を確認(観光)しつつ、河原町三条の交代ポイントへ向かうことになりました。

新町通を御池通まで北上するわけですが、いろいろなメディアで「穴場」?のような感じで
紹介されているせいか、かなりの観光客です。
たしかに、ほとんどの山鉾が通り、本当に間近で見られますからねぇ。 

11:15頃、御池通に到着すると・・・・。

続きは次回に。すみません。 


南観音山ではあばれ観音が終わり、本日は解散に。

24:15頃 照明や提灯の明かりが消え、駒形提灯が片づけられ始めました。
たくさんの提灯が片づけられます
いったん家に帰り着替え、眠そうにしている奥さんを連れ出し、祇園祭、深夜の散策。
今年は、あーで、こーで、こんなことあって、と話しながらいくつかの山鉾町をウロウロと・・。
なんだかんだ言っても、明日で終わりか・・・・。 ホットするような残念のような・・・。

25:00頃 夜店の屋台がどんどん片づけられていきます。
山鉾連合会のボランティアの方による掃除もされてます。
屋台の撤収と、ボランティアによる掃除
祇園祭は営利目的のイベントではありません。
本当にたくさんの方、ボランティアの方たち
によるご協力とご理解により、成功できていると思います。


明日は巡行当日。
いよいよ宵山最後の、南観音山だけの行事。 あばれ観音
巡行の安全と晴天を祈願して、楊柳観音像を御輿に乗せ、
町内を担ぎ回ります。 なぜ、このような行事が始まったかは不明らしいです。

いろいろな笑い話はしてますが、それをコメントすると、
変な噂になるといけないので、控えておきます。

町会所の2階では毎年同じように、責任者の山崎さんによる、ミーティングです。
あばれても良いポイント等、注意事項の説明と安全確認の実施。
みんな少々緊張気味

1.走らない。
2.あばれすぎない。
3.ワッショイ、ワッショイは、3回まで。
3.観光客にケガをさせない。

町内を3周するわけですが、A,B,Cチームと3チームに分けます。
各チーム半周ずつ、2回実施。

山崎さんからの説明後、各チームリーダーによる小ミーティングも実施。
並び方や、あばれるときのイメージトレーニング等も。
冗談も入りながらですが、絶対に事故を起こさないようにと、皆さん、真剣です。

まもなく時間になり、今年、神事役の大槻さんによる激励。
あばれ観音は初挑戦という、町内でいろいろな世話役をしてくださってる
小西さんのかけ声。 同じく新人の長谷川君による、挨拶。

電気書院さんの前では着々と準備が進められています。
毎年ここでの準備があるのを知ってか、たくさんの観光客がご覧になってます。
こちらも観光客たくさんの前で緊張気味?
浴衣から法被、着股に着替えたメンバーが、出陣を言わんばかりにぞろぞろと降りていきます。
このときだけは祇園祭ではなく、どこか、違うところのお祭りのような感覚です。

私はここ、何年かあばれ観音からは引退し、若手へと引き継ぎ、2階で新人の
囃子方たちと見ていました。
すごい人です。こんななかを、御輿を担いでいけるのかと思うほどです。

ガードマンの「ピッピッピッピッーーーーー!!」という交通整理があり、始まります。

8人1チームによる、 ワッショイ!ワッショイ!  ワッショイ!ワッショイ! の元気なかけ声。
観光客なかでご一緒にかけ声をくださるかたも。
しっとりとした祇園祭の中、この行事だけ少々、荒々しい雰囲気が良いかもって感じです。
ワッショイ ワッショイ
観光客の大歓声と、カメラのフラッシュの中、あっというまに、3周がおわり、戻ってきます。

あばれ観音 を終えたみんなは、ぜぇぜぇハァハァ。 私も過去に何度も経験してますが、
結構しんどいです。 まぁ、普段するようなことでなければ、練習もないので。
肩に戦傷ではないですが、アザをつける子たちも・・・。

でも、今年も無事に終わりましたね。


って、思ったら、2階にくるのに時間がかかっている。
なにやら話を聞くと、観音様のお首の調子が・・・・。
そういえば、4~5年前にも一度、そんなことがあったような、なかったような・・・。

観音様も、これだけはしゃがれたら、明日の巡行は無事にいくでしょうと、笑い話も。

たしかに、今年は観音様にかぶせる布が、新しくなっていたので、
まだ、しっくり来てなかったのかな? とか思います。

早々に、善財童子像が神事役の大槻さんに抱かれて、2階へ。
大槻さん、「ええ子や・・、ええ子や・・・。」と、我が子のように・・・・。
おかえりなさ~い 無事で何よりでした
お山(南観音山)の上では、多賀さんと鈴木さんが待機され、観音様の設置を。
観音様、やはり、お首の調子が少々、悪そうで・・・・。 今晩一晩ゆっくり療養して頂き、
明日の巡行は、最終をしっかり守ってもらいましょう。

いよいよ明日は巡行当日。

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。