プロフィール

つぼぃまさぉ

  • Author:つぼぃまさぉ
  • 京都へようこそ

    今年も祇園祭な毎日をお届けします。
    ひと言コメント大歓迎。
    祇園祭や京都に関するトラバ、コメント、相互リンクも大歓迎です。

カテゴリー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには、こんな記事も。 というか、祇園祭期間以外は、
こんなネタをたくさん書きたいのですが、なかなか時間が無くて・・・


PHSのウィルコムから、W-ZERO3 の新機種、W-ZERO3 [es] が発売。
060705a.jpg
詳細は、こちらのニュースから

さっそく、ウィルコムストアでも受付準備中のようです。

この電話機、というかPDA、私も愛用していた時期がありました。
過去に、ほんのちょっとだけ、こんな感じで書いたりもしましたが、やっぱり電話は電話でしょうか?
と言う結論で、普通の電話機に戻りました。


年末に、W-ZERO3 の抽選販売に当選し喜んでいたんですが、
私の感覚ではやっぱり、動作が遅い・・・。

PDAは、ずっとPalmを使ってたので・・・・。
わかる人にはわかると思います。

本来のPIMとして、ちゃっちゃか、ちゃっちゃか、
操作出来ないのがどうも・・・・。

もともと、Visorからはじまり、Palm m500、CLIE N700、
T650、NX70V/H、NX80V、UX50、TH55 と、Palm一筋でしたが、

いちど、NEC PocketGear や、HP h2210 といった、
Pocket PC端末に浮気していた頃もありましたので、
動作に関しては覚悟していたのですが・・・・。

まぁ、Windows CEや、Pocket PC など、
Windowsファミリーなので、ファイルの互換性も高く、
マルチメディア関連も、Palmに比べるとスマートな
イメージはありました。

でも、やっぱりサクサ感がない・・・・・。

手書き入力のインターフェイスも、PalmのGrafitti入力に
なれてしまい、普通の日本語手書き入力なんて、ちんたら
やってられないというのもあり、シェアウェアの、入力マクロ
ソフトみたいなのを使い、Grafitti を全部登録し、
Pocket PC だけど、Palm感覚で入力したり、してました。

MP3やWMV なんかはそれこそ、まんま、スマートに
再生出来、簡単、楽ちんで、エミュレータを使って、
懐かしのゲームなんかも楽しめたんでよかったんですが。


ある日、ソフマップの中古PDAのショーケースを見てると、
CLIE TH55(赤)が、並んでいました。

このTH55、SONY のPalm端末で、最後(正確には1個前かな?)
にして、最高の出来と言われている端末なのは、長年、Palmを
買い換えてる私でも、まぁまぁ、そうかなぁなんて思います。


赤色という、限定カラーで、やっぱりこの手の限定物は人気で、
オークションなんかでも、ほんの少し、高値になったりも
していた記憶があります。

それが、通常の黒色と、ほとんど変わらない価格
(\500差ぐらいだったかな?)であり、状態も良さそうでしたので、
すぐに店員さんを呼んで、衝動買い状態でした。

そばで、Zaurus を見ていた、ビジネスマンのおっちゃんが
私の即買い状態をみて、そんなにいいもんなのか?
と言った感じで、気になってたようです。


で、W-ZERO3の話に戻りますが、年末に機種変更したばかりなので、
10ヶ月はおろか、半年もたってないので、
(5月に普通の電話にしました)普通にショップで機種変更
しようとすると、3万円以上かかるとか・・・・。

さすがにもったいないので、オークションなんかを見ると、
お目当てのが、2万円ぐらいで落札出来そうでした。
いわゆる、白ロムといわれるやつ。

こんときのネタで少し映ってますが、京セラ WX310Kです。
お色はビターオレンジ。
KDDIから、ウィルコムに変わり、大夫と使い勝手がよく、
成熟してきたっぽい、端末で、評判も宜しいようです。

落札後、早速端末が届き、ウィルコムストアに電話機持ち込みで
W-ZERO3から、WX310K へ機種変更してもらいました。

そういえば、表面があまりにテカテカ加工のため、すぐに指紋や
傷が付きそうでしたので、携帯用のデザインシール(保護フィルム)
を貼り、和柄というか和風な感じにしておりました。
ぱっと見、わからんのですが・・・。記念に画像をアップしときます。
060705c.jpg
060705d.jpg



ウィルコムストア




 

 

ブログランキングに参加してます。  →  いつも応援いただきありがとうございます
たまにはこんなネタもええかな?と思われたら、クリックしてください。
その気があれば、調子に乗って書きます。




スポンサーサイト

テーマ : W-ZERO3 - ジャンル : 携帯電話・PHS

年末に、メールカットクリアという、プライバシーフィルター
のようなのをW-ZERO3に貼り付けて使ってましたが、いまいち、
見づらいというか、目が疲れるので、なにか無いかと思ってたら、
ソニーの携帯ゲーム機、PSP用のHORI プライバシーフィルターポータブル HPP-02
売ってたので、それをつけてみました。
060107psp.jpg


当然、サイズが合わないといけないのですが、
W-ZERO3の画面が、 横約77mm×縦約58mm
HORIのフィルターが、横約97.5mm×縦約55.5mm 厚さ0.50mm

幅はじゅうぶん余裕があるので、カットすればいいんですが、
縦が少し足らないので、ちょうど真ん中に来るぐらいに貼り付ければ、
上下にやく、1.5mm ぐらいの隙間が空きますが、私は特に
気にならずに、(気にせずに?)使ってます。

プライバシーフィルターとしての効果は十分あります。
厚さ0.50mmなので、画面への入力も問題ないです。
ただ、モアレがでます。ちょっと気になるかな?

あと、プライバシーフィルターへのキズがつきやすいですね。
まぁ、本来の目的とは違うので仕方ないですが・・・。

専用のサイズが出るまでこれでしのげるかな?
でも、パソコン関連の専用とか純正品って、値段が高いんですよね。
平気で¥1,300 とかしそう・・・。

その点、私がこれを買ったときは、ソフマップで¥680でしたので、
過去に、PDAに貼り付けていたときのことを思うと、すごく、
安く感じでしまいます。

で、結局、この記事はパソコンからエントリーしてます。

テーマ : ノートPC - ジャンル : コンピュータ

18:00からの注文受付開始で、勤務先にて無事に注文が終わり、
家に帰ると、封筒がぽつんと・・・

そういえば、こんなのを買っていたのでした。
別のお店から、これだけが先に到着しました。

メールカットクリア という名前のとおり、
早い話がプライバシーフィルターのようなもんです。

早速明けてみたんですが、ただの透明保護フィルターのように
しか見えず、ほんまに効果があるのかなぁ?
と、うたがいつつ、パソコンの液晶画面でチェックしたところ、効果がわかりました。
よくあるのと違い、ぼやけるというか、曇りガラスのような効果になります。
051222a.jpg
画像上部の黒い部分が本来貼り付けているプライバシーフィルターです。右下が、W-ZERO3用。
単に文字をぼやかして、見えなくすると言うもので、プライバシーフィルターのように、黒くなり、
プライバシーを保護するというのではないんですね。

051222b.jpg
よ~く見ると、W-ZERO3 のロゴ入り。
画面中央わかりますか?

ちなみに、横スタイルでの効果となります。

テーマ : SmartPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS

WILLCOMのPHS端末というか、スマートフォン?っていうんですか? 
W-ZERO3の抽選販売に当選しました。
051221.jpg
発売前から、話題になっていましたが、
そんなに人気があるとは思いませんでした。

14日の発売で、9日にオンライン予約しようとしたら、
あまりのアクセスでWILLCOMのサーバーが2日ほど、
ダウンしたそうで・・・。

で、当然、注文もできないわけで・・・。

なにやら抽選販売と言うことになり、
1回目は、うっかりわすれてたんですが、
2回目の抽選があるよぉと、ガジェット好きな
同じ囃子方の子から、教えてもらい、応募してみたら、

たまたま、当選。
とりあえず、22の夜から注文ができるようで、
また、その気があれば、報告しまぁ~す。


これは、自分にとって今年最後のラッキーイベント
だったのかなぁ・・・?

テーマ : WILLCOM - ジャンル : 携帯電話・PHS

熊田曜子、安田美沙子、夏川 純が『筆王2006』
イメージキャラクターに

050915_01.jpg
去年は安田美沙子ちゃん一人だけでしたが、今年は2人追加とは、
豪華な感じになりました。

安田美沙子ちゃんは京都出身(宇治?)らしく、ついつい応援
したくなります。
thumb220x165-images786277.jpg

熊田曜子ちゃんは、何年か前、関西テレビの夜9時50分ぐらいから、
3~4分ぐらいの、京都の町屋を紹介するミニ番組に出てた頃から、
注目してた子なので、こちらも応援したくなります。
当時、あぁ、こんな近所にきてたのか・・・と思ってたものです。

夏川 純ちゃんは、スパワールドのうずうずバーンぐらい
しか知りません。



で、私が使ってる年賀状ソフトは「筆まめ」なんですけどね。

テーマ : タレント - ジャンル : アイドル・芸能

さて、お気に入りだったノートPCですが、せっかくの
チャンスというかご厚意でしたので、お言葉に甘え、
新しいマシンを買っていただくことに・・・・。

で、ちょうど会社の社内販売にて特価で買えると言うことで
早速申し込み。その機種が、PC-LB26C/50AS1
マニュアル関係がPDFで。
型番の数字で、クロックは266MHz と、単純な感じで、
全機種より、CPUは、倍になり、体感速度もかなりアップ。

lb2rgb1.jpg

この時代は、ちょっとでもクロックがあがったり、
メモリが増えると、すごく体感速度が上がったもんです。

MMX Pentium 266MHz ですけどね。
現在主流の十分の一ほどのクロックスピードですが、
128MBぐらいのメモリがあれば、Windows2000 なんか、
けっこう、普通に動いてくれるんですよね。

Win98のほうが軽いから良いかなって、思いがちですが、
W2Kのほうが、当然安定してるし、意外とさくさく動くかも
って感じです。

まぁ、当時はWindows2000なんてなかったので、
Windows98でしたけどね。 NT4.0は、USBが未サポートでしたので、
私の中では論外でした。プラグアンドプレイでもなかったし・・・。

この、ノートPCですが、モバイルPCで当時結構はやっていた、
ドッキングステーション(ドッキングベースとか、CDベース)
を底面に取り付けると、CD-ROMドライブが使え、持ち運ぶときは
取り外すといった感じの、運用ができるのが売りでした。

たしかに便利で、会社にCDベースと、そのアダプタを常備し、
自宅には、本体のみの駆動用のACアダプタをおいていたので、
ACアダプタを持ち歩かなくてすんでました。

デザイン的には、VAIOのデザイナーがデザインしたとかしな
かったとか・・・。
たしかに、今までのNECのデザインにはなく、この後も、
こんな感じのは、ぜんぜんなかったです。

ちなみにHDDは、確か4GBぐらいだったかな?
使用用途は限られてたので、もう、HDDの換装のことは、
全く意識しませんでした。

のちに、バラしたことがありましたが、これが、すごく面倒でした。
決して難しいわけではなかったですが、とにかく外すネジが多い。
底面のゴム足を破がして、まだ外さないといけない感じでした。
もうあれは、バラしたくないなぁ・・・。


さて、このパソコンもやっぱり1~2年?程、使用して、
同じく、新しいパソコンの買い換えのチャンスが・・・。

またかって感じで、次回へ続く・・・

テーマ : ノートパソコン - ジャンル : コンピュータ

たまたま、東京の秋葉原に行ったときに、どこかのショップで、
HDDの換装を相談すると、「あぁ、それなら12.5mm厚ですね」って、
結構詳しく、さらさらっと、答えてくれてました。

当時はまだまだPC-9800シリーズが大全盛だったからか、たまたま店員さん
が詳しくて、親切だったのか、なんと言うショップだったのか、
全然覚えてないのが残念・・・・。 NECの店といえば・・・。

で、3.2GBのHDDの値段を観ると、3万円後半・・・・。
さすがに、すぐには無理でした。

予算的にも技術的にも躊躇して、それから3ヶ月~半年ぐらいたってから
でしょうか? だんだんと値下がりはじめ、3万円ぐらいになって、
やっと購入することができました。

HDDの換装は非常に簡単。
全面て前にあるカバーをネジ一つで開けると、コネクタ部分が
見えるので、はずし、底面を観ると、ネジが2カ所あるので
それをはずすと簡単に取り出せました。

新しい、3.2GBを取り付け、早速フォーマット。
特に確認しなかったのですが、念のため、DISKINIT コマンド
(なつかしぃ~)で物理的に初期化? して、その後フォーマット。

で、ここから、システムのリストア(再セットアップ)が簡単に
できるようなものではなく、別売の外付けCD-ROMをSCSIカード接続し、
本体添付の、システムインストールFDに、PCMCIAのドライバ、
CS.EXE とか、SSDRV.EXE とかだったかな?(これも懐かしぃ~)
を組み込んで、外付けSCSI CDドライブを認識させるという、
MS-DOSの知識でもどちらかというと、中上級者向けのレベルを必要とし、
初心者にはまず、無理な操作をしないといけなかったのです。

これは、NECだけでなく、PanasonicのLet's noteや、VAIOでもそう
だったかな? で、世の中的に当たり前のような感じだったようです。

当時、私がいた会社の部署では、これぐらいのことはできて当たり前、
のような感じでしたので、私もそれなりに、できました。
まぁ、仕組みや理屈がわかれば、難しいことではないのですが、
DOSの時代は、ちょっとしてことで、よく、「はまって」しまいがちでした。

HDD換装後はまた、快適にDIABLO生活に戻ったりしてました。^_^;

当時、NECは、ちょうど、PC-98NX というブランドで、AT互換機を
投入し始めました。私の持っている、PC-9821La13ですが、
のちに、PC-98NX で、PC-AL13C という型番で発表され、
USBが1ポートですが、内蔵していたので、少々悔しい思いをした
記憶もあります。

約1年半ぐらいでしたでしょうか? 次のパソコンに買い換えるチャンスが
やってきました。うちの奥さんの、お父さんの仕事関係のホームページを
という話が出て、ホームページをつくり、その環境ごと譲り、
新しいパソコンを代わりに買ってもらうといった感じになった。

次回につづく・・・。

テーマ : 中古パソコン・激安パソコン - ジャンル : コンピュータ

また、ダラダラと書き始めますが、最終的には、
最近、乗り換えたノートパソコンのHDD換装等のレポート
を書くつもりで、ちょっと前起きな感じで、過去のパソコンの
お話をしたいと思います。

どちらかというと、それの方が長くて、最終的な本題の方が
短いかも・・・。 と、言うよりは、途中で飽きて、
書くのをやめちゃうかも・・・。最悪そうならないようがんばります。

さて、私は家にデスクトップマシンを持ってますが、奥さんと
共有しており、普段個人的な使用は、自分専用のノート
パソコンを使用してます。
(デスクトップパソコンのお話はまた別の機会に・・・)

つい最近まで、Victor の Interlink MP-5220 というのを
使用しておりました。ノートパソコンは大好きで、
変なこだわりがあり、絶対にワンスピンドルマシン!
と、いうことで、スペックよりも取り回しの良さ
最優先でした。

初めて買ったノートパソコンが、PC-9821La13/S14
Pentium133 で1.6GB HDD Win95がプリインストールされていました。

1997年4月頃かな? たしか、20万~25万ぐらいしてたような・・・。
050906la13.jpg


当時から、ワンスピンドルマシンにこだわり、CD革命を入れて、
オンラインゲームの先駆的な存在である、DIABLOというのを、
それはもう、毎日、毎日やってました。

世の中的に、インターネット回線はまだまだアナログが普通で、
夜11時からのつなぎ放題(正式名称、失念)が大流行でした。
そんな中、ISDN回線にして、少しは快適な感じでした。
アナログ回線と違い、接続までがすぐだったのがとても良かったです。

で、DIABLOですが、会社の人とも一緒にやったり、ネットでお友達も
できたり、そういえば、オフ会なんてのも、2~3回、参加した
こともありました。

最近、昔のメールを掘り出してたら、そのときにやりとりしてた
人のが出てきて、もう、5~6年ぶりぐらいかな?
メールを送って、お久しぶりですね、なんてやりとりを
しました。 ネットのおかげってすごいなぁと、改めて関心。

さて、PC-9821La13/S14 のほうに、話を戻すと、HDDが、1.6GBで、
必要最低限のアプリを入れて、DIABLOのCDをFCD化(cdイメージ化)
したら、残り容量、100~200MBだったようなきがするので、初めての
HDD換装にチャレンジ。

つづく・・・

テーマ : コンピュータ - ジャンル : コンピュータ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。